でぼこの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 1月×日 第21回 仙湯会

<<   作成日時 : 2017/01/18 00:34   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は お正月なので 昨年に続き 七福神巡り。
今年の七福神は東海七福神。 ということで東海道品川宿を散策しながら七福神巡り。
最後は 平和島の第二天狗湯。 久しぶりの天然温泉。
京急新馬場駅集合。
今日はちょっと寒いけど晴れ。
駅の近く第一京浜に面した品川神社からスタート。
大黒天 品川神社
画像

鳥居には竜が巻き付いてます。 左の柱に昇竜 右の柱に降竜。 竜の鳥居は東京に三つしかないらしい。 珍しい・・・。
画像

標高15mの富士塚。 都内でも最大級の富士塚らしい。
画像
富士山を登って下りた所に 品川神社本殿。 
画像
去年と同様に 色紙をゲットして朱印を押してもらいます。
旧東海道の方に歩いて 次は二番目
布袋尊 養願寺
画像

旧東海道に入ったところに 三番目
寿老人 一心寺
画像

ここから 旧東海道散策。 
画像

品川宿本陣跡などを巡りながら 目黒川へ。 目黒川沿いにある 四番目の荏原神社は 寒緋桜が有名で 何年か前に観に来たことがあります。 そのときの記事はこちらをどうぞ。
はたして もう寒緋桜は咲いているでしょうか・・・。
 
恵比寿 荏原神社
咲いています! 二分咲きくらいですけど・・・。
画像

画像

さらに 旧東海道を歩きます。 青物横丁付近でFさん推奨の昼飯屋に行ってみますが 時分どきで満員。 でも途中でメイン道路から一本入った路地で 昔の海岸線を示す石垣の名残?を発見。 
画像
ここまで海だった・・・。
画像

昼食の前に 五番目
毘沙門天 品川寺(ほんせんじ)
入口近くに 江戸六地蔵一番の地蔵菩薩像。
画像
江戸六地蔵は 江戸の入口六ヶ所に祀られた 丈六(一丈六尺)の地蔵尊。 そういえば 去年7月の温泉巡りで訪ねた新宿の太宗寺にも地蔵尊(第三番)があった。

画像
境内には樹齢600年のイチョウの樹
画像

ところで 青物横丁の商店街がが「ジュネーブ平和通り」と名付けられているのはなぜだろうということでしらべてみたら
品川寺には江戸時代初期に造られた大梵鐘があったのだが、 この鐘が江戸時代末期に海外に流出し 長らく行方不明だったらしい。 それが大正時代に ジュネーブの美術館にあることがわかり 昭和初期に寺に返還されたということらしい。 これが縁で品川区とジュネーブが友好都市となり この名前がつけられたということらしい。
そんなこんなで 品川寺の近くのとんかつ屋「安右衛門」で昼食。 ヒレカツ定食 なかなかうまかったぁ・・・。
今度は 旧東海道から離れて 運河沿いを歩きます。
しばらく歩くと 土佐藩浜川砲台跡。 この辺りは土佐藩下屋敷があったらしい。
画像
黒船が来た頃 この浜川砲台に坂本竜馬がいたらしい。 
というわけで 立会川駅近くの公園に 坂本竜馬像。 
画像

再び 旧東海道 立会川に架かる浜川橋(涙橋)を渡る。 「涙橋」の名は この先に鈴ヶ森刑場があることにに由来している。
浜川橋を渡ったところに六番目
福禄寿 天祖・諏訪神社
画像

画像

さらに行くと 鈴ヶ森刑場跡。 ナマナマしい・・・。
画像

ここで旧東海道は第一京浜に合流 大森海岸駅を過ぎた所に 最後の
弁財天 磐井神社
画像

これにて七福神巡り 満願成就。
画像

後は さらに平和島駅まで歩いて 第二天狗湯へ 
画像
「第二」とあるが「第一」があるわけでは無いらしい。
この温泉は これまで使っていた井戸水を分析してみたら温泉だったとうパターンらしい。
いわゆる温泉法上の温泉(メタケイ酸、重炭酸ソーダ)。

今日は京急線6駅分歩いた。 温泉で疲れを癒したあとは 平和島駅前のコヒー屋でいつもの反省会をして終了。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1月×日 第21回 仙湯会 でぼこの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる